マヌー(Magnu)は、鞄(ハンドバッグ)中心のメンズユニセックス レザーブランドです。

top2.jpg

Under the theme “Gracious Life”, Magnu creates stylish leather goods. Featuring specially selected materials, functional unisex design combined with sophisticated primitive taste, we present high-quality products in a new ethnic style.

PERINGER

 ペリンガー社


002.jpg
Magnuは、独ペリンガー社のシュランケンカーフ
(シュリンクカーフ)を使用しています。
5代目社長の Ulrich Perlinger(ウルリッヒ・ペリンガー)さんは、もの静かで、優しく、自信に満ちた職人でした。

きめ細やかな表情と柔らかいのに腰がある風合い、そして何より発色に魅せられました。そして、カーフ(仔牛)なのに大きいのがボックスカーフの特徴です。
比較的大きなBagが作れる!…欧州のメゾンにない発想で、この素材を料理したい(鞄の事ですが…)
とデザインに着手しました。



このクウォリティの理由は、社長自らが、南独を含むのアルプス地方で原皮を一枚ずつ厳選して仕入れ、下処理や鞣し(なめし)、染色に『時間をかけて、休ませながら』皮から革に作り上げられるからです。

また高い環境への意識も持ち合わせていて、排水の処理にも”時間”をかけています。

表面のシボは、熱を加えずに特殊な鞣し剤によってできる自然なシボです。
皮は自然の物なので、型押しされたシボとは違い、不規則で一枚の大きな革の中でも、場所によって
シボが大きかったり深かったり、自然な表情を見せます。
私は、それを愛おしく感じています。なるべく捨てる事なく、使い切りたいと思っています。
Bagの場所によってシボの感じが違うのは、このような理由からで不良ではありません。

シュランケンカーフの利点は、表面が弾力があり、曲げ伸ばし強い…比較的に丈夫な革だと言えます。
また、色落ちや退色にも強く、長く使えるBagに仕上げることができるのです。
短時間で鞣された革との違いは、表面にも内面にもその違いがあらわれ、長年使うと違いを感じてもらえます。




  お問合せ

  • ku:ya design / 有限会社 クーヤデザイン
  • 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-28-2 シャンブル神宮前103
  • TEL : 03-6427-3637
  • FAX : 03-6427-3638
  • E-mail : info@magnu.jp